他のスマートフォンとは異なるiPhoneの保証のしくみ

実はiPhoneは、他のスマートフォンや携帯電話などと異なり、保証に関しては独自の仕組みが設けられています。iPhoneは携帯電話キャリアではなくアップル自身が修理することから、キャリアの保証サービスではなくアップルの保証サービスが適用されるためです。

では実際、どのような保証が用意されているのかを、確認してみましょう。まずはiPhone購入者に対する保証ですが、製品購入後1年間は本体と付属品の保証がついているほか、90日間は無償による電話サポートも受けられるようになっています。

より保証を伸ばしたい場合は、「AppleCare+ for iPhone」(以下AppleCare+)を契約する必要があります。これを契約すると、本体の保証と電話サポートが2年間延長ができるほか、期間内であれば操作上の不慮の事故、すなわち落下や水没など、保証外の行為で故障した時の修理を、2年間のうち2回まで(1回当たり7800円必要)受けられるようになります。
iPhone保証

iPhoneの保証を強化する「AppleCare+ for iPhone」のページ

AppleCare+の料金は9800円で、Apple Storeの場合はiPhone購入時から1ヵ月以内に、料金を一括で全額支払うことで契約できます。また携帯電話キャリア経由で契約する場合、契約はiPhoneの購入時に限られ、料金は分割払いとなります。
iPhone保証

アップルによるiPhoneの保証の仕組み


iPhoneは日常的に持ち歩いて使うものであり、いつどのようなタイミングで壊れてしまうか分からないもの。備えを強化したいなら、AppleCare+は契約しておくべきでしょう。

次は、auのiPhone保証サービスについて説明します。