マンション購入は高額なお買い物。これまでの人生で取り扱ったことがないような金額です。4000万円だ、5000万円だといわれても、自分に払えるのかどうか見当がつきません。マンション購入にすべてのお金を使い果たし、大好きな海外旅行にも趣味の習い事にも行けなくなってしまうのは絶対に嫌。そうならないための購入予算はどのように試算すればよいのでしょうか。

将来にわたり家計破綻のない購入予算は、生涯収入と生涯支出で考えます。将来に向けて自分や家族が稼ぎ出すお金と使うお金を試算し、その過不足(生涯収支)を把握します。人生の三大支出といわれる大きな資金をどうバランスさせるか。みていきましょう。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

人生の三大支出


人生における大きな支出、それは住宅資金、教育資金、老後資金の3つです。「人生の三大支出は?」と尋ねると、「結婚資金」と応えてくださる方も多く、確かに一概には言い切れません。ですが、これら3つはどれも何千万円という単位ですからやはり、人生の大きな支出であることに変わりはありません。

まず、教育資金と老後資金を考えてみましょう。教育資金は子どもの進学コースによって大きく異なりますが、公立コースで一人あたり1200万円などといわれます。子ども二人なら2400万円です。

老後資金は、公的年金で不足する老後の生活費分を自分で調達すると考えると、その金額は夫婦二人で3000万円程度だといわれます。ですが、これは目安。公的年金の額は個人によって異なりますし、老後の生活費も個人差があるのは当然です。あくまでも参考数値としてお考え下さい。

人生の三大支出は、あなたがこれから稼ぎ出すお金と預貯金から支出されます。生涯支出は、あなたの生涯収入以上には払えません。誤って収入以上の支出をしてしまうと、家計は破綻。せっかく購入したマンションも借金の形にとられてしまうかもしれないのです。

家計破綻しない住宅購入予算の考え方は次ページでご紹介します。