現代のミュージシャンにも支持されるアルバム

■アルバム名
はっぴいえんど

■バンド名
はっぴいえんど

■販売メーカー
ポニーキャニオン

■おすすめポイント
はっぴいえんどは1969~1972にかけて活動した日本のロックバンドです。メンバーは細野晴臣、大瀧詠一、松本孝、鈴木茂の4人。わずか4年に満たない活動期間でしたが、その後の日本のロックシーンに与えた影響はあまりにも大きく、伝説のバンドとして今も多くの人を魅了しています。

バンド名を冠したファーストアルバム「はっぴいえんど」は1970年にリリースされました。ジャケットに描かれた絵の看板から、“ゆでめん”という通称で呼ばれることもあります。40年以上も前にリリースされた作品ですが、収録された楽曲は今聴いても斬新です。「敵タナトスを想起せよ!」「あやか市の動物園」などは強烈なインパクトを残し、「12月の雨の日」は美しいメロディとセンチメンタルな歌詞が心地よく耳に入ってきます。

今でもその楽曲をカバーするミュージシャンが後を絶たないほど支持される作品。日本のロックを知る意味でも聴いておいて損はないと思います。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。