【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

ポイントは、「お・も・て・な・し」の心

“おもてなし恋愛”を目指しませんか?

“おもてなし恋愛”を目指しませんか?

「お・も・て・な・し」という言葉が流行になっていますが、恋愛においても、まさに、おもてなしの心が大切です。
これを機会に、“おもてなし恋愛”を目指しませんか?

人におもてなしをするときは、「相手の気持ちを惹きつけたい」というよりも、純粋に「相手に喜んでもらいたい」という気持ちでするものではないでしょうか?
それは恋愛においても、大切なことです。

恋愛では、自分では愛のつもりでいても、実は自己愛に過ぎなかった、ということも少なくありません。

本物の愛情と自己愛の違いを簡単に説明すると、下記です。
・自己愛=相手から愛を求める。
・本物の愛情=相手に愛を与える。

つまり、本物の愛情に近いのは、「おもてなし」の精神なのです。

相手が喜んでくれたら、自分も幸せな気持ちになる。
それこそが、自分の内側に愛を増やす行為であるし、もっと言えば、見返りを求めなくても、結果的に相手から愛情が返ってくる可能性が高くなるのです。


「おもてなし恋愛」がうまくいく理由

人は「一緒にいたら幸せになれる人」を好きになります。
だからこそ、周りの男性を見ていても、おもてなし上手(エスコ―ト上手)な人というのは、モテる人が多いものです。

例えば、
・美味しいお店に連れて行ってくれる。
・面白い会話で楽しませてくれる。
・自分の話を親身になって聞いてくれる。
・落ち込んだときは、励ましてくれる。
・女性扱いをしてくれて、自分のことを褒めてくれる。
など、こういう男性がいたら、相手の職業やルックスなどは関係なく、心を奪われる女性は少なくありません。
一緒にいることで、自己重要感が高められ、気分が良くなるので、また会いたくなるからです。

これは、男性も同じこと。
男女で喜ぶ行為に、多少違いはありますが、基本、男性も話を親身に聞いてもらったり、褒めてもらったりしたら、嬉しくなるものです。

女性は特に、「相手がしてくれることで自分の存在価値をはかる」人が多いので、おもてなしをするよりも、してもらうことばかりを望みがち。
でも、相手をおもてなしする気持ちでデートをしたら、より相手のハートを掴みやすくなると思いますよ?