子どもが自分のことを好きになるために

■名言・格言
「認めてあげれば、子どもは自分が好きになる」 ドロシー・ロー・ノルト

■出典
「子どもが育つ魔法の言葉」

おすすめの理由
子どものちょっとした行動、大人にとっては理解できないことでも、
子どもにとってはちゃんと理由があったりします。

大人はついつい目に見える事だけにとらわれて、
子どもの行動の意味まで理解しようとせずに、否定してしまうことも……

一見、結果だけを見て判断してしまうと行動の本質を見逃してしまうこともあります。

例えば、水をこぼしてしまったのは、お母さんに水を持っていってあげようと思ったから。

結果だけを見たら「何やってるの!」になってしまうかもしれません。
でも行動の意味を考えたら「大丈夫? 濡れなかった?」「ありがとうね」と声がかけられます。

この言葉を知ってから、子どもの行動や気持ちを理解して、認めてあげようと思いました。

否定ばかりされて育つと、子どもは自信がなくて自己肯定感の少ない子どもになってしまいます。

子どもには、第一に自分のことを好きであって欲しいと思います。

まずは、一番身近な親がたくさん認めてあげる。
安心して自分の心が満たされてこそ、人にも優しくできたり、強くなって羽ばたいていける
のだと思います。







■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。