子どもが自分のことを好きになるために

■名言・格言
「認めてあげれば、子どもは自分が好きになる」 ドロシー・ロー・ノルト

■出典
「子どもが育つ魔法の言葉」

おすすめの理由
子どものちょっとした行動、大人にとっては理解できないことでも、
子どもにとってはちゃんと理由があったりします。

大人はついつい目に見える事だけにとらわれて、
子どもの行動の意味まで理解しようとせずに、否定してしまうことも……

一見、結果だけを見て判断してしまうと行動の本質を見逃してしまうこともあります。

例えば、水をこぼしてしまったのは、お母さんに水を持っていってあげようと思ったから。

結果だけを見たら「何やってるの!」になってしまうかもしれません。
でも行動の意味を考えたら「大丈夫? 濡れなかった?」「ありがとうね」と声がかけられます。

この言葉を知ってから、子どもの行動や気持ちを理解して、認めてあげようと思いました。

否定ばかりされて育つと、子どもは自信がなくて自己肯定感の少ない子どもになってしまいます。

子どもには、第一に自分のことを好きであって欲しいと思います。

まずは、一番身近な親がたくさん認めてあげる。
安心して自分の心が満たされてこそ、人にも優しくできたり、強くなって羽ばたいていける
のだと思います。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。