【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

金持ちケンカせず

金持ち男子は、思った以上に「自分は他の人よりもお金を持っているかもしれない」と自覚があります。正直、「自分はお金を人より持っているので奢るのが当然」と思っていたり、お金のない異性に善意で家電を買ってあげたりというケースもあったりします。

身近な例を見ていると「金持ちケンカせず」というのは案外と本当で、女性がお金で困っていたら助けてあげる優しい人が多いです。そして、女性がその男性にお金目当てで近づいてきたとしても、それを許してあげられるのが真のお金持ちだったりします。ですが、お金持ちは頭がいい家系も多いので、相手がお金目当てかそうじゃないかはなんとなく気づいています。


相手への礼儀が大切

私は、いくら相手がお金持ちでもお金持ちじゃなくても、お付き合いをしている男性や気がある男性とご飯を食べたら、自分も一部でいいのでお金を払うのが礼儀だと思っていました。また、常に、相手にお金を払ってもらっている状態があまり好きではありませんでした。なので、ご飯を奢ってもらったら、その後のカフェ代は自分が払うというように、相手がお金を払ったとしても相手の男性ばかりにお金を払わせず、自分も払うようにしました。

例えば、私がお金を出すと言っていても、相手に恋愛感情があったり、結婚をしたいと思っているなら、それでもお金を払ってくれたりプレゼントをくれたりします。

ひとつ言えるのは、金持ち男子でも普通の男子みたいにお付き合いをすべきということ。
結婚したいならなおさらで、お金目当てかどうかは簡単に見抜かれています。現に、お金持ちの男性とお付き合いしていた女性で、旅行をするにもご飯を食べるにもその男性のお金を頼っていた女性は結婚まで至りませんでした。
金銭面で頼られたい男性によっては上手くいくケースもあるかもしれませんが……。
参考にしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。