恋愛中は自分の価値観を見失いがち

価値観とは、一人一人違うものですよね。
本来、一人一人違うのが普通であって、他人と同じである必要はないと思います。
しかし恋愛となると、いざ行動に出ようとするとき、落ち込んでしまったとき……さまざまな場面で「こんなことをしたら変だと思われるだろうか」「こんなことで落ち込む自分がおかしいのだろうか」と、自分の価値観が果たして正しいのかどうなのか、わからなくて不安になる。
そして、友達に相談すると、「それはおかしいかも」と言われて、ますます自信を無くす……

そんな流れに陥ること、多いのではないでしょうか。
恋愛中は、さまざまなドキドキやハラハラと共生していますよね。ひとつの返事、一通のメールが、その後の二人の行方を左右する……なんてことも多いですよね。だからこそ自分を繕い、本来の自分ではない言動に出てしまって、失敗した……と思うこともありますよね。恋愛中って、相手に好かれたいと思う一心で、ついつい自分が本来持っているもの・価値観を見失いがちなんですよね。


価値観とは、「自分のモノサシ」

ではどうすれば良いか。
何より、「自分らしくあること」。これに尽きると思います。
価値観とは、何が大切で、何が良くて、何が悪いのか。それらを測る自分の中のモノサシのことだと思います。それは自分らしさにつながります。他人とはモノサシの尺度が違って当然ですし、はたまた恋愛の相手とも、すべての尺度が一致することはそうそうありません。

物事を考えるとき、それは恋愛に限らず、いったん自分のモノサシで測ってみること。その事象が、果たして自分にとってメリットかデメリットか。その事象によって自分が幸せになれるかなれないか。常に「自分らしく」まずは考えてみることです。

友達が幸せと感じることが、自分にとっても幸せとは限りません。さらには、恋愛の相手がメリットと感じることが、自分にとってもメリットとも限りません。常に、自分の尺度でとらえることがポイントです。

その上で、自分と価値観が近い相手と恋愛する。そうすれば、幸せな恋愛が出来ると思います。長年かけて出来上がった「自分らしさ」に嘘をつかず、自然体でいることが、何より楽ですから。他人の価値観に合わせて生きることは、想像以上にストレスですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。