「わらべうた」から学ぶ育児本

 

 

■書籍名
『「わらべうた」で子育て 入門編』

■著者名
阿部ヤヱ

■おすすめポイント
まだ言葉を話さない7ヶ月の幼児を育てています。
母が来た時には面倒を見てもらうことが多いのですが、その時に喜ぶ我が子を見て、
「何がいいんだろう?」と思って日々勉強。図書館にある育児書も読みあさっています。

母がしていることで、本の中にあったのは「かっこう えだぁ」。
室内でのかくれんぼで、壁からそっと顔を覗かせて、「いないいないばぁ」につながる遊びをしていました。

他には、赤ちゃんが唇を震わせて「ぷぅー」とやったら、親も「ぷぅー」と真似をすると喜ぶのも全くそのとおりで、この本に書いてあることはとても信憑性があります。

起きている時間が長くなってきて、「何をしよう?」と思ったりするときにこの本を読むと、
「今日は"じょうずじょうずじょうず”を覚えよう」なんて思えます。


■作品データ
価格:1575円
出版:福音館書店

※データは記事公開時点のものです。




あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。