シンボルでもある尖塔「聖ルール塔」から望める絶景

 

 

 

 

■撮影時期
2010年9月頃

■撮影場所
セントアンドリュース(スコットランド)

■おすすめポイント
セントアンドリュースはゴルフの聖地として知られていますが、最近ではウィリアム王子とキャサリン妃が出会った大学のある場所としても知られるようになりました。

スコットランドの首都エディンバラからさらに北に向かい、鉄道がない、海に面した町がセントアンドリュースです。町は少し坂になっていますが、絶景ポイントはシンボルでもある尖塔、聖ルール塔からの眺めです。

かなり上まで登るのはきつく、人ひとり通れるくらいの幅の階段をのぼっていくことになります。頂上も狭いのですが、周囲360度を眺めることができます。眼下にはセントアンドリュースの街並みが、そして遠くにはさらに北上していく海岸線を見ることができます。静かな町で、海を眺めていると染み入ってしまう風情があります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。