恋愛のパワースポット「連理の賢木」

 

 

■パワースポット名
賀茂御祖神社 相生社

■おすすめの理由
古い神社が多い京都の中でも最古級の神社といわれるのが賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)、通称下鴨神社です。

ユネスコの世界文化遺産にも「古都京都の文化財」の一つとして登録されています。

京都の原生林・糺の森のある出町柳方向の入口から本殿に向かって参道を歩いていくと、
縁結びの神として知られる神皇産霊神(かみむすびのかみ)を祀る相生社があります。

相生社の小さな社の脇にあるのが、恋愛のパワースポット「連理の賢木」です。

 

 

 

 

神様の“縁結びの力”が強力で2本の木が途中から一本に結ばれているという珍しい霊木で古くから信仰を集めてきました。

現在の霊木は4代目ですが、この木が枯れると糺の森にあるいずれかの2本の木が1本に結ばれるとされ、京都の七不思議に数えられています。

御神木には鈴緒が2本かかっています。縁結びを願う男女で参拝し、一緒に鈴緒を鳴らして良縁を祈願するの習わしです。

また、絵馬の奉納を作法にのっとり行うことにより一層のパワーが得られるとされます。

これは、絵馬に願い事を書き、願いを込めながら赤と白のひもをしっかり結び、その絵馬をもって社の正面に進み、願いごとを念じながら、男性は左から、女性は右から社殿と御神木の周りを3度めぐります。

さらに、3度目の途中で、絵馬を絵馬掛けに奉納し、正面に戻って、ニ礼ニ拍手一礼をして相生社と連理の賢木にお参りをします。

こうすることにより、恋愛成就の効果がさらに高まるとされています。


■賀茂御祖神社(下鴨神社)相生社
住所:京都市左京区下鴨泉川町59
電話:075-781-0010
拝観時間:6:30~17:00
HP:www.shimogamo-jinja.or.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。