妊娠関連本でおすすめされていたつわり対処法

 

 

私の場合、つわりは吐いたりするのはほとんどなく、眠くなる眠りづわりでした。
そのため、とにかくベッドに横になって身体を休めていました。

ですが、妊娠初期に食あたりのような症状で吐いてしまったり、胃のムカムカがあったりもしました。そんな時は妊娠関連本でおすすめされていた炭酸飲料を飲んでいました。

吐きづわりではなく食欲は多少落ちたものの普通。全く食べられないタイプではなかったので、カロリーはあまりとってはいけないと思って、ゼロカロリーで炭酸が入っているものを選びました。その炭酸飲料を気持ちが悪いかもしれないと思った時に飲みます。時々はオレンジジュースに混ぜてみたり、レモン果汁を入れたりしてアレンジもしました。炭酸ののどごしは爽やかで、気分転換もできるのかつわり時期は比較的穏やかに過ごすことができました。

冷蔵庫に炭酸飲料があると安心して過ごすことができ、その安心感もつわりがひどくならなかった要因ではないかと思います。

食べづわりの人、吐きづわりの人で対策は違ってくるかもしれません。人によってつわりも様々だと思います。ですが、私の場合は炭酸飲料が喉がすっきりして爽快感が得られてよかったです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。