ひどいつわりの人は早めに白旗を上げましょう

一人目妊娠の時、ひどいつわりになり、
しかもつわり期間終了と言われるころを過ぎても、相変わらず食べられず飲めずでふせっていました。
結果、普段の体重から-8kgという、妊娠ダイエット状態に陥り、入院しました。

最初は、相変わらず食べられませんでしたが、仕事も休み、点滴で水分と栄養を補充することで、それまで飲めないのでほとんど出なくなっていた尿も少しずつ出てきて毒素排出、そして体力もついてきて、少しずつ食べられるようにもなってきました。

いずれは終わる「つわり」ですが、出産の体力・気力を養うためにも、ひどいつわりの人は、ぜひぜひ早めに白旗を上げて、入院することをお勧めします!
入院期間は、2週間弱ほどでした。
二人目の時も、やはりつわりがひどく、-4kg減になったところで、自分から、短期入院をお願いしました。
復活もスムーズでした。

それと、なんとなく不安もあったので、妊娠してすぐ(だったかな?)ごろ、婦人病特約を保険に追加しました。
これで、つわり入院も保険で出ましたよ。おすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。