富を得たポルノ俳優が衰退の一途をたどる青春群像劇

■作品名
ブギーナイツ

■監督
ポール・トーマス・アンダーソン

■主演
マーク・ウォルバーグ

■DVD販売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由
70年代、ナイトクラブの皿洗いとして働くエディ・アダムスは、大御所ポルノ映画監督ジャック・ホーナーにポルノ俳優としてスカウトされます。ポルノ映画で名声と富を得たエディはドラッグに溺れ、衰退の一途をたどることになります。

ブギーナイツはエディだけではなく、ポルノ女優アンバーにも焦点をあてた青春群像劇です。

70年代から80年代にかけての映画館からビデオへとポルノ産業の移り変わりの中で、ポルノ俳優の栄光と衰退を鋭く、時にはコミカルに描いています。ポルノ業界を描いていますが、要は成功と挫折の物語です。ポール・トーマス・アンダーソンが丁寧に心理描写をしているので、ポルノ業界という特殊な世界の中でも、共感を得ることの出来る作品です。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。