どこで起こっても不思議ではない日常をシニカルに描いた作品

■作品名
アメリカンビューティー

■監督
サム・メンデス

■主演

ケヴィン・スペイシー

■DVD/Blu-ray発売元
ソニー・ピクチャーズ

■おすすめ理由
アカデミー賞で作品賞をはじめ、全5部門を受賞した「アメリカンビューティー」。
主演はケビン・スペイシーです。
郊外住宅地で妻と高校生になる娘と平和に暮らしていたが、勤めていた会社からリストラ宣告。これをきっかけに、幸せに見えた家庭が崩壊していく日常。
アメリカのどこかで起こっていても不思議ではなさそうな日常を、シニカルに描き出しています。

ジャンルはコメディか問われると、ちょっと異なりファミリードラマであると思いますが、この家庭や周りの人々は明らかにコメディーと言える程、個性が際立っています。
この個性あふれる面々が、崩れていく社会を表すネガティブな作品を、明るい作品にしてくれています。
家族が崩壊し、友情も親子も崩壊、悲しいテーマなのに、驚くほど明るく笑ってみることができます。

私は、この映画が大好きで、何度も見ていますが、何度見ても新しい発見があり、飽きません。
テーマの一つである「美」。
破滅していく人生でも、人の心や目には美しさが存在すること、どんなに怒っていても美しいものを見てはっとする気持ちがあること。
ただただ宙を舞う白いビニール袋の映像に私も心を奪われ、美しいと感じた自分が、ちょっとばかり幸せな気持ちになりました。

面白い家族の下世話なホームドラマを、シリアスに楽しみたいという方にオススメです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。