B級映画の続編が世界的なヒット作に

■作品名
ターミネーター2

■監督
ジェームズ・キャメロン

■主演
アーノルド・シュワルシュネッガー、リンダーハミルトン

■DVD/Blu-ray発売元
ジェネオン・ユニバーサル

■おすすめの理由
元々、前作の「ターミネーター」はB級映画作品として受け入れられた作品なのですが、そのターミネーターを一躍、世界的なヒット作にしたのがこの『ターミネーター2』です。お勧めの理由は、主演のアーノルド・シュワルシュネッガーの演技、わかりやすい背景、映画史上に輝くラストシーンです。

アーノルド・シュワルシュネッガーの演技

アーノルド・シュワルシュネッガーは元々はボディビルダーとして人気があったわけですが、1970年にSF超人ヘラクレスで俳優デビューします。その後、コナン・ザ・グレートに出演して、主役のコナンを演じた頃から、一躍有名となります。そして、1984年のターミネーターで、悪役のアンドロイドを演じてアクション映画俳優の地位を築き上げていきました。

その、アーノルド・シュワルシュネッガーの魅力が最大限に発揮されたのが、今作「ターミネーター2」です。今作では正義の味方(人間側)が送り込んだアンドロイドとして、アクション俳優ではない知的な印象持つヒーローを熱演します。

お気に入りのシーンは、初登場シーンでバイクに乗りながらそのまま建物に突っ込み、爆発した火でタバコを付けているところ。このシーンは何度見てもユーモアがあって楽しいです。

わかりやすい背景

今作は未来で起きている人間とコンピューターとの戦争が背景です。未来から人間のリーダーとなる少年を暗殺するために液体金属ロボットを送り込むコンピューター。それを阻止せんと人間側も人間型アンドロイド(アーノルド・シュワルシュネッガー)を送り込んで守ろうとします。このようなわかりやすい背景も魅力的です。

映画史上に輝くラストシーン

今作は人間とコンピューターとの戦争が背景にありますが、未来からもたらされた兵器が過去で研究されて、未来を変えてしまわないことも大事な任務です。送り込まれたアンドロイドは未来に帰る術はありません。そして、誰かに自分自身が見つかるわけにも行かない。彼ら(人間)を守るために取ったアンドロイドの最後の行動は一度見れば忘れることはできません。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。