「沈黙の戦艦」の続編に当たるアクション映画

■作品名
暴走特急

■監督
ジェフ・マーフィー

■主演
スティーブン・セガール、エリック・ボゴシアン、キャサリン・ヘイグル

■DVD販売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由
スティーブン・セガール主演の「沈黙の戦艦」の正当な続編に当たる「暴走特急」。おすすめの理由は、ライバックが強すぎてライバックの姪を人質に取るほどの追い詰められるテロリスト、電車から落ちたライバックが電車を追いかけるシーンなどです。

追い詰められたテロリスト

沈黙の戦艦から海軍を退役して、レストランのオーナーとなっていたケイシー・ライバック(スティーブン・セガール)。ライバックは疎遠になっていた姪のサラとの仲を取り戻そうと豪華列車旅行を計画します。しかし、その列車がハイテク兵器を駆使するテロリストに乗っ取られてしまいます。

サラのためにケーキを作っていたライバックは食堂車の厨房にある冷蔵庫に潜んで難を逃れます。しかし、姪のサラも人質となってしまい、列車の一部に監禁されてしまいます。この冷蔵庫に潜むシーンは前作「沈黙の戦艦」を視聴していると思わずにやけてしまいます。

ここからケイシー・ライバックの鬼のような反撃がスタートします。テロリストの計画は順調に進んでいるのに、巡回している仲間がライバックに次々と倒されていくので連絡が途絶えていきます。

不信に思ったテロリストがライバックの存在に気づき、最後は姪のサラを人質にしてしまいます。アメリカ政府を脅迫するのにたった一人のコックにすらかなわない。このような演出が面白いです。

ライバックが電車を追いかけるシーン

ライバックがテロリストとの交戦中。電車から落ちてしまいます。電車はずっと走っているので普通は追いつけません。ところがライバックは側にあった車で列車を猛追撃。一気に加速した車から飛び降りて列車へ再び戻って来ます。そのシーンは何度見ても面白いです。





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。