パソコンが古くなった、壊れてしまったなどの理由で買い換えるとき、元のパソコンと同じようにOutlookを使いたいですよね。また、使っていたOutlookがデータの破損により、正しく動かなくなってしまうというトラブルもあります。

こういった場合の対応方法について、解説します。

パソコンを買ったので、データを移行したい

pstファイル

pstファイル

1.保存データを探して、USBなどの外部メモリにコピーします。Outlookのデータは、通常「マイドキュメント」フォルダの下にある「Outlookファイル」フォルダに保存されています。拡張子が、「pst」と書いてあるものです。”メールアドレス+拡張子”でファイル名になっています。

2.新しいパソコンのOutlookを立ち上げてください。電子メールの設定をした後、いったん終了します。

3.新しいパソコンの「マイドキュメント」フォルダの下にある「Outlookファイル」フォルダに、コピーした「pst」ファイルを上書き保存します。


拡張子pstのファイルは、Outlookで作成された受信トレイ、送信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテム、予定表、連絡先、タスクなどのフォルダーを含むファイルです。

これさえ、バックアップしておけば、万が一のパソコン故障でも、安心ですね。

壊れたデータファイルを修復したい

受信フォルダが開けない。起動ができない。送受信ができない。メールの削除ができない……。そういった場合、データファイルが壊れた可能性があります。拡張子pstのファイルをバックアップしてあれば、先ほどご説明した手順で復元できるでしょう。

でも、バックアップをとっていない場合については、受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)を使用してファイルを診断し、ファイル内のエラーを修復します。

メール設定画面

メール設定画面

1. [スタート] - [コントロールパネル]-[メール] の順にクリックします。
[メール設定] 画面が表示されますので、[データファイル] をクリックします。

 

pstファイル参照

pstファイル参照

2. [アカウント設定] 画面が表示されたら、pstデータファイルの「名前」を確認の上でクリックして選択し、[ファイルの場所を開く] をクリックします。

 

プロパティ選択

プロパティ選択

3. データファイルの保管場所が開きますので、その中ですでに選択されているデータファイルを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

 

ファイルのパスコピー

ファイルのパスコピー

4. [プロパティ] 画面が開いたら [セキュリティ] タブをクリックし、[オブジェクト名] の右のパスの上で右クリックして、[すべて選択] をクリックします。

 

ファイルのパスをコピー

ファイルのパスをコピー

5.[オブジェクト名] のパスが青く反転したら、再度パスの上で右クリックして [コピー] をクリックします。

以上で、pstデータファイルのパス(置き場所)をコピーしました。