次に、受信トレイ修復ツールのありかを探します。

マイコンピュータ

マイコンピュータ

6. [スタート] – [コンピューター](または [マイコンピュータ] )をクリックします。

 

ツールの置き場所

ツールの置き場所

7.cドライブの下にある [Program Files] -[Microsoft Office] をダブルクリックします。

 

office12とoffice14

office12とoffice14

8. Outlook 2007 の場合は [Office 12] を、Outlook 2010 の場合は [Office 14] をダブルクリックします。

 

修復ツール

修復ツール

9. ファイルやフォルダが沢山表示されるので、その中から [SCANPST] を探して、ダブルクリックします。[SCANPST] は通常黄色い封筒が破れたアイコンをしています。

 

データファイル指定

データファイル指定

10. 「受信トレイ修復ツール」が表示されますので、[スキャンするファイル名] の所を右クリックして、[貼り付け] をクリックします。

 

修復開始

修復開始

11. コピーしたパスが貼り付けられたら、[開始] をクリックします。

※データファイルの容量が大きい場合は、スキャンに時間がある程度かかりますので、電源を落とさないように気を付けてください。

 

バックアップ作成

バックアップ作成

12. スキャンが終了すると詳細が表示されます。 [修復する前にスキャンしたファイルのバックアップを作成] にチェックを入れて [修復] をクリックしてください。

 

修復完了

修復完了

13. 完了すると「修復が完了しました。」と表示されますので、[OK] をクリックします。Outlook を起動し、トラブルがまた起こらないか確認してみてください。

 

マイクロソフトのサポートサイトはどこ?

案外探せないのが、マイクロソフトの正式サポートサイトです。さまざまなツールがダウンロードできたり、初心者向けのサポートから開発者用の技術的なコミュニティまであったり、チェックしておきたいサイトです。

インターネットオンラインサポートサイト
https://support.microsoft.com/

動画もなく、技術用語がたくさんあるなど、探す課題がはっきりしていないと探しづらいのが難点ですが、ブログなどで情報を探しきれなかった時、やっぱり確実な情報は本家のサイトが一番です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。