予定表(カレンダー)を使う

Outlookの「予定表」は、手帳感覚で入力できます。

予定表画面を開く

予定表画面を開く

1.「ホーム」画面から、左下にある「予定表」アイコンをクリックすると、「予定表」の画面が開きます。

 

予定入力

予定入力

2.予定をいれたい時間帯の枠を”ダブルクリック”すると、新規の予定表画面が開きます。

 

予定入力画面

予定入力画面

3.件名や内容を入れ、「保存して閉じる」と、「予定表」に表示されます。

 

予定をメールで知らせる

予定をメールで知らせる

なお、予定をだれかに知らせたい場合、「予定表を電子メールで送信」のアイコンを開くと、メール画面が開き、アドレスを入力するだけで、自分の予定を知らせることができます。

 

予定表印刷イメージ

予定表印刷イメージ

※意外に便利なのが、予定表の印刷機能。
A4サイズ1枚にカレンダー形式や、手帳形式、3つ折り形式などいろいろな形式で印刷して、持ち歩けます。

 

会議の依頼

予定表を使って、会議の依頼ができます。

会議の依頼

会議の依頼

1.予定の詳細画面から「会議出席依頼」のアイコンをクリックします。

 

会議依頼の送信

会議依頼の送信

2.メールアドレスを指定して、「送信」します。

 

他人の空き時間を確認

他人の空き時間を確認

もし、出席依頼先もOutlookを使っていて、予定を公開している場合、先に空き時間を確認できます。その場合は、「スケジュール」アイコンをクリックして、連絡帳から相手の名前を選択すると空き時間が表示されます。

 

タスクの進捗や予定の調整が、Outlookでできるようになりますので、使ってみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。