切ないラブロマンスを描いた原田知世の映画デビュー作

■作品名
時をかける少女 (83)

■監督

大林宣彦

■主演
原田知世、高柳良一

■DVD/Blu-ray発売元
角川書店

■おすすめの理由
放課後の理科実験室でラベンダーの香りをかいだことをきっかけに、芳山和子はタイムトラベラーに……。

未来人と彼女の淡い初恋と学園生活を描いたファンタスティックで切ないラブロマンス。

監督は大林宣彦、原作は筒井康隆のジュブナイル(少年少女向け)SFです。

公開時は薬師丸ひろ子&松田優作の『探偵物語』とのアイドル映画2本立てでした。

しかも原田知世の映画デビュー作ということもあり、大林監督はアイドル映画の手法を用いながら、自身の故郷・尾道に舞台を移し、ノスタルジックな背景を構築しました。

この映画における尾道が果たした役割が、日本のフィルムコミッションの先駆けとされます。

その一方で、当時の最新特撮を駆使して、タイムトラベルという非現実を見事に映画の中に取り込んでみせました。

「土曜日の実験室」というセリフを懐かしく思い出す人も多いのではないでしょうか。

先にドラマ化されたNHKの少年ドラマシリーズ『タイム・トラベラー』(72)や後に映画化されたアニメ版(06)や仲里依紗主演版(10)などと見比べてみるのも楽しいです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。