【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

友達関係を知ることで嫉妬心を小さくする

恋人の異性の友達、気になりますよね。
でも、恋人が友達づきあいしてるってことはきっといい部分があるはず。
だから、恋人に話を聞いてみて、仲良くなれそうな人とは自分も友達になってしまうというのはありかもしれません。

友達のことを全然知らなければ異性という性別ばかりが気になります。
だったら、相手のことを知ることで、嫉妬する理由は小さくしていけるかもしれません。

もちろん、みんなと気が合うとは限らないので、1人でも2人でも同性として好きになれそうな人だけに声をかけたらいいと思います。
その人達と良好な関係が築ければ、気になる恋人の友達関係も教えてもらえるでしょう。
なにより本当に嫉妬しなくちゃならないような事態が起きたら、協力してくれるかもしれません。

もし全く同性として合いそうな人がいない場合、もしかしたらそれはそれで安心なのかもしれません。
恋人とつきあっているのは自分だし、恋人が好きなタイプは自分のようなタイプのはずですからね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。