実在の青年ジョゼフの半生を描いた作品

■作品名
エレファント・マン

■監督

デヴィッド・リンチ

■主演
ジョン・ハート

■DVD/Blu-ray発売元
パイオニアLDC

■おすすめの理由
1980年製作、デビッド・リンチ監督のイギリス・アメリカ合作映画です。世界的な大ヒットを記録、最優秀作品賞・主演男優賞を含むアカデミー賞8部門にノミネートされるなど、注目を集めました。

19世紀末、イギリスで「エレファント・マン」と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの半生を描いています。

肥大した頭蓋骨は額から突き出て、体中のあちこちに腫瘍があり、歪んだ唇で言葉をはっきりと喋れず、杖が無ければ歩けない。そんな姿のため、見世物にされ続けてきたエレファント・マン(=ジョゼフ・メリック)は、外科医トリーブスに出会って……。

ジョゼフ・メリックは、その外見のために人間として扱われません。
でも彼は、誰よりも純粋な心を持ち続けている青年でした。
凡庸な人間は、ともすれば異質な物を排除するのが当たり前になりがちです。そんな普通の人に、「僕は人間だ!」という彼の叫びは、猛省を促すのです。

人間とは何か、人間性とは何なのか、を鋭く問いかける作品。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。