ひょうきんで可愛いゴースト達がニューヨーク中に蔓延!

■作品名
ゴーストバスターズ (1984)

■監督
アイヴァン・ライトマン

■主演
ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス

■DVD/Blu-ray発売元

ソニーピクチャーズエンタテイメント

■おすすめの理由
1984年に北米で興行収入第一位となった「ゴーストバスターズ」。

このタイトルを聞くと、反射的にあのテーマソングが頭の中に流れ……という人も多いのではないでしょうか。

ユーモラスで軽快で、温かさもある……。
誰と一緒に観ても「面白かったね」と楽しくなる。

そんな映画だと思います。

■あらすじ
ニューヨークのコドンビア大学で、女ったらし、ひょうきん者、冷静沈着……と個性の異なる三人の教授が超常現象の研究を行っていた。

そして幽霊を見たこと、大学をクビになったことから、三人はゴーストバスターズ(幽霊退治屋)を立ち上げ、ニューヨークに出没する幽霊を退治し始める。

一躍有名になり、商売も大繁盛するが、ある事件をきっかけにニューヨーク中にゴースト達が蔓延して大騒ぎに……。


ゴースト達がひょうきんで可愛いので、本が空を飛んだり、机の引き出しが勝手に空いたりなどの超常現象が、ちっとも怖くなくてユーモラス。

教授達のそれぞれのキャラクターも面白いし、脇役で隣に住む女性に恋をしている会計士(リック・モラニス)も笑えます。

衝撃のシーンや、目を見張るようなCGなどはないのですが、それでも当時の技術を駆使したゴースト達は、ちょっとも古くささを感じません。

大学教授という仕事にありながら、ゴースト研究に夢中になり大学をクビになってしまい、家を売ってゴーストバスターズという会社を立ち上げてしまう……というその奇想天外な発想からして楽しめます。

家族や恋人と寛ぎながら、たまにはばかばかしいほど面白い映画を観たい!という時にぴったりです。

レイ・パーカー・Jrの曲「ゴーストバスタース」は今聴いてもかっこいい曲ですね!




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。