変動金利型

【へんどうきんりがた】

長期固定金利型よりも低めの金利が設定されているため有利な住宅ローンと考えがちだが、その金利変動リスクを十分に理解する必要がある。

返済額は5年ごとに見直され、その上昇幅は従来の1.25倍までに抑えられるが、それは返済額だけのこと。実際の適用金利は原則として半年ごとに見直されるとともに、金利の上昇幅には何ら制限はないのである。

返済額のアップよりも適用金利の上昇幅のほうが大きければ、毎月きちんと返済していても「未払利息」の発生により負債が雪ダルマ式に膨らんでいくこともあり得る。

金融機関によっては適用金利の上限を定めているタイプのものもあるが、そのぶんもともとの金利が高めになっていたりする。

>> 固定金利選択型


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。