南米の楽器を簡単手作り!

 

 

チャフチャスというのは南米の楽器ですね。
現地では家畜の蹄(ひづめ)や木の実を使って作ります。
手でふって鳴らしてもいいし、両足首につけて踊ればステップを踏むたびに
「チャフチャフ」と音がします。

今回はそのチャフチャスをペットボトルの蓋で作ってみました。

■用意するもの(片足分)
  • ペットボトルの蓋 12個~16個
    ※数はもっと増やしてもよい。
  • ベルト状の布 足首を一回りするくらいの長さ
    ※フェルトを使えば縫い代始末がいらないので簡単
  • スナップボタン
  • タコ糸
  • 目打ち
  • はさみ
 

 

■作り方
  1. まずベルト状の布のはしっこにスナップボタンを縫い付けます。
    足首にひと巻きして止められるようにしてください。
  2. ペットボトルの蓋に目打ちで穴をあけます。お茶の蓋がいいです。
    炭酸の蓋は二重になっていたり、分厚く作ってあったりして穴が空きにくいです。
  3. タコ糸を穴に通し、結び目を作って抜けないようにします。
    適当な長さで糸を切って、もう片側も蓋の穴に通し、結び目を作って抜けないようにします。
    糸の長さは決まりはないので音が出やすい長さに調節してください。
    結び目の分を入れずに8cmくらいかなと思います。
  4. 3を6個~8個作ります。2個をセットにして(つまり蓋が4個ぶら下がる状態)
    1のベルトに縫い付ければ完成です。

■使い方
  1. ベルトを片手で持って振る。
  2. ベルトを片手で持ち、もう片方の手のひらに当てる。
  3. 片足につけ、ギターなどの楽器を演奏しながら鳴らす。
  4. 両足につけて音楽にあわせて足踏みをしたり、跳ねたりして踊る。
などなど。使い方は自由ですのでいい音が出るように工夫してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。