『アーバンドック ららぽーと豊洲』クレーンイルミネーションと湾岸夜景

グラデーションに輝くクレーンイルミネーションはららぽーと豊洲の顔

グラデーションに輝くクレーンイルミネーションはららぽーと豊洲の顔

クレーンの下は水上バスの船着き場

クレーンの下は水上バスの停留所

海に面した絶好のロケーションにショップ、レストラン、文化施設が集まる都心では稀に見る大型商業施設『アーバンドック ららぽーと豊洲』。かつて石川島播磨重工業(現:IHI)の造船ドックとして栄えた土地であった歴史を象徴しているのがドック広場にあるモニュメントクレーンです。クレーンの下は水上バスの停留所となっており、宇宙船のような『ヒミコ』や都市型クルーザー『アーバンランチ』などに乗船することができます。

モニュメントクレーンは、夜になるとグラデーションにライトアップされ、ららぽーと豊洲のランドマークとなっています。クレーンの手前には、シーサイドデッキ メインステージが設けられ、鮮やかなクレーンイルミネーションをバックにライブや花火などのイベント(不定期)が行われます。
花火とクレーンイルミネーションの競演

花火とクレーンイルミネーションの競演

昼間はのんびり本を読んでいる人やお茶をしている人も

昼間はのんびり本を読んでいる人やお茶をしている人も

シーサイドデッキには、東京湾に向かって白いペアシートがほどよい距離間を保って備えられ、夜景観賞をする環境は抜群です。さらに、2013年1月の大規模リニューアルでは、南側に豊洲公園、西側に東京湾を臨む立地にフードコート『マリーナキッチン』をオープンし、テラスエリアにも60席が設けられました。夕陽やレインボーブリッジの夜景を心ゆくまで堪能してください。隣接する『豊洲公園』からも夜景を楽しめます。
お台場で開催された冬花火もこんなに良く見えました

お台場で開催された冬花火もこんなに良く見えました



≪DATA≫
アーバンドック ららぽーと豊洲
住所:東京都江東区豊洲2-4-9

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。