『さすらいのハンター カマキリの生きかた』と一緒に読みたい本

■『花になったカマキリ』
海野和男さんのカマキリの擬態の本。花や枯葉、枝にそっくりなカマキリの姿が見られます。

■『カマキリくん』
虫好きのこんちゃんが初めてカマキリを飼ったら……。食べ物はどうする? どうやって遊ぶ? 自分自身で経験しながらカマキリとの付き合い方を決めるコンちゃん、いいなあと思います。子どものすることについつい手や口を出してしまう大人の方にもおすすめ。

■『カマキリと月 南アフリカの八つのお話』

月に乗って神様になりたいと思った、砂漠のカマキリの話。日本とは違う風土で生きるカマキリの物語です。

■『完訳ファーブル昆虫記(第五巻下)』
言わずと知れた虫の詩人・ファーブルの詳細な観察日記を、奥本大三郎さんの名訳で。中高学年から大人まで楽しめます。

■『カマキリ(育てて、しらべる 日本の生きものずかん13)』
カマキリの特徴や種類・捕まえ方や飼い方など、基本的な情報が分かりやすくまとめられています。読みものと図鑑の中間の位置付けなので、両方をつなぐ1冊としてもおすすめです。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。