まさに、人生3度目のつわり真っ最中

吐き気がするのに、いつも食べられるもの、自分の中の「大丈夫な食べ物」を探しているという状態は毎回変わりません。常に気持ち悪い、だるい、眠い、気分の悪さから情緒不安定。毎回、周囲には「ひどい二日酔いが毎日続いている状態です」と説明します。こう言うと経験ない方も結構わかってくれますよ。少しわかってもらえるだけでも気分も楽になるものです。

匂いダメ、あれダメ、これダメ、やる気ゼロ。
「人生最大のわがまま期」。
旦那には、毎回助けられています。

そして、きつくて、うずくまっている時は、いつでも
「求めているのはわたし自身じゃないのよ。私の中の『妊娠』が求めてるの。ニ・ン・シ・ンなのよ。だからどうにもできないの」と、小川洋子さんの『妊娠カレンダー』の言葉が頭の中をグルグル。

期間

つわりで妊娠発覚から……
毎回、生理予定日よりも前に、つわりで妊娠したかな?と。それだけつわりが早くやってきます。

■一人目
5か月まで:「吐きづわり」「眠りづわり」。
  • 大丈夫な食べ物:フルーツヨーグルト
  • 獣並みの嗅覚でしたよ。人の匂いも嗅ぎ分けられました。
  • 『焼肉』という看板を見ただけでアウト。ただし、ステーキはOK 
■二人目
4カ月まで&最後の2カ月:「食べづわり」「眠りづわり」
  • 大丈夫な食べ物:3連ゼリー
  • 最後の2カ月は、夕食のあと必ず毎日吐いてました。
■三人目
早く終わって!:「食べづわり」「眠りづわり」
  • 大丈夫な食べ物:グミ&ところてん

つわりを乗り切るためのポイント

■人生最大のわがまま期
それでよろしいかと思います。

■旦那に、つわりのつらさを共有してもらう
つわりで食事の支度などできません。二日酔いで食事の支度できますか?
子供は、私一人の子供ではなく二人の子供。つらい時は、家事、育児の主導権を渡しましょう。

■自分が求める、大丈夫な食べものを探す


■だるさ眠気は、休めというサイン

私は、仕事中でも会議室に鍵をかけて眠っていました。

■上司には、早めに報告

巷に出回る指南書なるものには「安定期に入ってから」と書かれてあるものが多いですが、私の場合、国内・海外の出張もあり、このつわりでは完璧無理と判断。早めに報告しました。

つわりさえなければ妊婦は最高なんですけどね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。