気持ち的に安定した妊娠生活を送ることが大切

私は、2人の子供がいます。
一人目のときは、極度の食べつわりで、3食だけでは全く足りませんでした。
少しでもお腹が空くと気持ちが悪くて吐き気がありました。
病院の健診では常に体重が増加しており、健診に行くことがとてもストレスだったことを覚えています。
体重調整のため、よく公園で飴をなめながら約2時間のウォーキングをしていました。当時の私は空気を吸っただけでも体重が増加しているのではないかというくらい太りやすくなっていたので、ウォーキングが必須でした。
つわりは妊娠4ヶ月目から7ヶ月くらいまでがピークでした。

2人目のときは、つわりがありませんでした。
仕事をしていたこともあり、妊娠前と気持ち的にも生活にもほとんど変化が無く正直4ヶ月目まで妊娠にさえ気づきませんでした。
妊娠がわかってからも2人目ということもあり、自分自身気持ちに敏感になることも無く、健診でも何も問題なかったです。

私は、食物を見ただけでも気分が悪くなるようなつわりを経験したことがないので、よくわかりませんが、食べつわりのときは、体重にとても神経を使っていました。妊娠中でもある程度の運動は問題ないので、気分転換だと思って率先して外に出るようにすれば良いと思います。実際、一人目の時は10kg以上の体重増加でしたので、出産後のダイエットに苦労しました。
気持ち的に安定した妊娠生活を送るように心がければよいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。