食べていないとムカムカ!臨月までの欲望との戦い

食べづわりでした。

食べていないと気持ち悪いんです。
ひどい吐きづわりの人に比べると一見は楽なようでしたが、臨月までの間、常に欲望との戦いでした。
初期のうちは欲望のままに「栄養つけなきゃね?」などと言い訳して食べまくっていましたが、確実に体重も増していきます。

妊婦が泣かされるほどの体重管理に厳しい産婦人科だったので、体重が増えると怒られ、食べていないとムカムカして、常に欲望との戦いでした。
妊娠中は赤ちゃんの事を考えながら穏やかに編み物でもするはずだったのに、常に頭の中は食べ物が占領していました。

スーパーに行ってはデザートコーナー前で悩み、どうしても「バナナロール」が食べたくて10分近く立ち尽くして周りの人に心配される事もありました。
結局、「これは主食なのだ」と自分に言い聞かせて夕食に「鯵の開き」に「バナナロール」を食べるという日もありました。
とにかくチョコチョコ食いで食べづわりを乗り切り、合格ラインの+10kgでの出産となりましたが、食べづわりは精神修行のようで、己との戦いです。
食べづわりの妊婦さん、くれぐれも体重増加にはご注意を!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。