片想いとの相手とのやり取りで、気をつけるポイントを2つ挙げます

■1つ目は「相手の負担にならない」
好きだからといって、相手の都合を考えずに頻繁にメールを送ったり、時間を考えずに送ることは控えたほうが良いです。相手が仕事中だったり、友達と会っているとわかっている時間帯は避けるのはマナーでもありますよね。

2つ目は「駆け引きはしない」
相手に心配をかけようとしたり、相手の気持ちを確かめるためになどで、定期的に送っていたメールをストップしたり、第三者のことを気になる存在だと言ってみたりすることもしない方が良いです。
こちらは、お試しのつもりでも相手がどう捉えるかは分かりません。
本気で好きな相手であれば、相手を試すことはやめて、自分の気持ちを素直に出していくほうが結果的には良い方向に向かうことが多いと感じています。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。