自分からこまめに連絡する

どちらから連絡するか、比率が極端にかたよっている場合は、それを埋めるために自分から連絡を。
具体的には、相手が行動するより先に自分から声をかけたり、相手より先にメールをするように心がけるといいと思います。


自分に甘い人にはビシっという

人にたくさん言うわりには、自分には甘い。
そんな人には、自分がされたことと同じことを相手にも求めましょう。

具体的には、○○に行くな、と言われたら、いったん要求を飲み、
後日相手が同じシチュエーションになったときに
「あのとき私は行かなかったんだからあなたも行かないで」とお願いをします。
相手がツライ思いをする要求ほど、効果があります。


時間が解決することも

長く一緒にすごせば「多少ほっといてもこの人は自分から離れない」と思ってくれるのか、
束縛から解放されるタイミングがやってきます。
この一線を越えるまで、辛抱強く束縛に付き合うのも手です。

具体的には、ケンカをして一旦離れたあとにヨリを戻すなどの経験があるといいかもしれません。


あとは、束縛の末孤立して、ふたりきりの世界にのみこまれないよう、相手を大事にしつつも、周囲の声を聞く冷静さも大切だと思います。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。