エコハウスのテーマ3:エコライフスタイルと住まい方

今日本のエネルギーは家電による消費量がもっとも多く、高負荷になりがちなのはライフスタイルの問題と言われています。せっかくエコハウスをつくっても、住まい方が正しくないとその良さを発揮できません。

繰り返しになりますが、住まい手による意識や行動も非常に大切です。例えば、敷地周辺には日よけのための草木を植えたり、暑い時は窓を開ける、寒い時は一枚羽織るなど、低負荷でありながら快適で健康的な住まい方をするように意識・行動していく必要があります。

 

エコハウスのテーマに加えて
「地域らしさ」を大切に

地域の気候風土や特色を生かした「地域らしさ」も大切。

地域の気候風土や特色を生かした「地域らしさ」も大切。

以上のように、環境基本性の確保、自然・再生可能エネルギーの活用、エコライフスタイルと住まい方という3つがエコハウスのテーマとなります。

これらのテーマを実現するにあたり、その地域の気候風土や文化に根差したものでなければなりません。例えば県産材である木材を多用する、工法、デザインは昔からある方法を採用するなど、地域の特色を生かしたものであることがエコハウスに求められています。


 

全国のエコハウスを見に行ってみよう

以上「エコハウスってどんな家?」をテーマに見てまいりました。単に省エネ家電を導入したものをエコハウスと呼ぶのではないことをご理解いただけたでしょうか。エコハウスの取り組みは、長い目で見て効果がわかるものであり、なかなか自宅を「エコハウス」で建てようと思うには敷居が高いかもしれません。

しかし、環境省の取り組みで全国に地域性を生かしたエコハウスのモデル住宅が建設されています。興味のある方はぜひ、その地域のエコハウスってこんなものなんだな、と見学に行ってみてください。

【関連サイト】
環境省エコハウスモデル事業 
【関連記事】
今注目の再生可能エネルギー 太陽光発電と風力発電

Copyright(c)2013 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。