エコハウスってどんな家?

エコハウス、省エネ住宅、環境共生住宅と聞くと、パッと思いつくのは「省エネ性が高い」「光熱費が安い」ではないでしょうか。本当のところ、「エコハウス」とはどんな家をいうのでしょうか。

エコハウスに関しては、環境省が「エコハウス」の定義を示しています。それによると、ただ「省エネ性が高ければよい」というものではないようです。

根底には「私たちみんなで地球環境保護や省資源につながるような家づくりをしていきましょう」という考えがあり、そのために3つのテーマを掲げ、それに沿ってつくられた家をエコハウスと呼びます。その結果、地球にやさしいだけでなく、省エネ性が高く、光熱費も安くなる家になる、という流れです。

山形エコハウス。環境省の補助を受け、地域の材料を使い、地域の気候風土や特色を盛り込んで建てられた。

山形エコハウス。環境省の補助を受け、地域の材料を使い、地域の気候風土や特色を盛り込んで建てられた。


 

エコハウスの基本
自然エネルギーの活用と地域の材料を使うこと

エコハウスの基本的な考え方は「環境になるべく負担をかけない方法で家を建てること」にあります。例えば日本は縦に長い国なので、住んでいる地域によって暑い、寒い、湿度が高い、雨や雪が多いなどの特性があります。それらの気候風土や敷地条件、住まい方に応じて、自然エネルギーが最大限に活用されること、さらに身近にある地域の材料を使って家を建てること、これがエコハウスの基本です。

 

エコハウスは「3つのテーマ+1(プラスワン)」

エコハウスでは、上記の基本を踏まえたうえで「3つのテーマ+1(プラスワン)」の家づくりを目標に掲げています。その3つのテーマをご紹介しましょう。

【エコハウス3つのテーマ】
エコハウスには3つのテーマとプラスワンが必要。

エコハウスには3つのテーマとプラスワンが必要。

・環境基本性能の確保
・自然・再生可能エネルギーの活用
・エコライフスタイルと住まい方


以上のテーマを基本的な考えとした上で地域の特性を十分に生かした家づくりを目指しています。

それではそれぞれのテーマと、地域の特性を十分に生かした家づくりとは何なのか、次のページで見てまいりましょう。