近年、結婚式に向けて歯の治療を手軽に行う方が増えてきています。例えばブライダルブリーチングや結婚式前のプチホワイトニングなど、美容サロンのようなところで施術を行っているケースも多くあります。ですが、ブライダルセラミックを含む歯科治療は医療行為になりますので、きちんとした審美歯科などのクリニックで行うことが大切です。

きちんとしたクリニックで行う施術は技術が高いので仕上がりが美しく、効果も長持ちします。大切な日に向けて行うお口元のケアは、きちんとしたクリニックを選ぶことをお勧めします。

そんなクリニックで行う結婚式前の歯科治療の中で、とても美しく仕上がると評判のブライダルセラミック治療をご紹介します。

 ブライダルセラミック治療とは

セラミック治療後の歯とドレスの色比較

セラミック治療後の歯とドレスの色比較

ブライダルセラミック治療とは、結婚式の日程に合わせて仕上げるセラミック治療で、歯の色・形・歯並びを同時に整えることの出来る審美歯科治療です。「ホワイトニングよりも白くしたい」「テトラサイクリン歯を治したい」「歯並びも整えて、自信を持って臨みたい」などと希望される方々が選択される治療方法です。

セラミック治療は、歯の表面や周囲を削り、人工歯のセラミックをセットする治療です。あまり歯を削りたく無い方や、少しのサイズの調整などの場合はラミネートベニア治療、歯並びや形などを本格的に整えたい方はセラミッククラウン治療が向いています。

どちらの治療の場合でも、セットするセラミックはオールセラミックという、セラミックのみで造られたものを選択することが大切です。金属やプラスチックを含んだセラミックもありますが、経年とともに色が変色し、歯ぐきの黒ずみを引き起こすケースがあります。結婚式当日はもちろん、一生ものの美しい歯を手に入れたい方は、ぜひオールセラミックのタイプを選択して下さい。

また、オールセラミックの加工の方法にこだわるクリニックを選ぶことも大切です。私たちの歯は白一色ではなく、微妙なグラデーションと透明感のある白さで構成されています。セラミックをセットしたときに周囲の歯と浮いて見えないよう、セラミック全面に細かなグラデーションを施し、特に歯の先端部分(切端:せったん)には透明感を入れることで、より自然な歯として仕上げることが出来ます。セットする場合にも、歯ぐきの内側0.5mmの位置から立ち上げることで、実際に歯が生えているように見せることが出来、より自然に仕上がります。

クリニックを選択される際には、各クリニックで公開している症例写真などを参考にして、美しく、自然にセットされている実績を持つクリニックに相談されることをお勧めします。口元だけがキレイに仕上がっているのではなく、お顔とのバランスも考慮して、美しく仕上げてくれるクリニックであれば安心だと思います。

次のページでは、ブライダルセラミックをお勧めする理由や治療に適した方をご紹介します。