南大門市場でオシャレな子供服を見つけよう!

お子さんがいらっしゃるママツーリストたちには、南大門市場での子供服ショッピング、ガイド絶対オススメのコースですよ!

お子さんがいらっしゃるママツーリストたちには、南大門市場での子供服ショッピング、ガイド絶対オススメのコースですよ!(C)CRAYON children wear

南大門市場でお買い物というと、韓国海苔や民芸品などがまず思い浮かぶ方が多いと思います。でもこの市場、0~15歳くらいまでのお子さんがいらっしゃる方には、子供服の買い物も楽しいんですよ! 市場で洋服……というと、ダサいというイメージがあるかもしれませんが、これが結構たくさん掘り出し物があるのです。ガイドも5歳と3歳、二人の女の子の母ですが、母になってはじめて、南大門市場発の子供服のかわいさを実感しました! あくまで個人的な意見ではありますが、韓国の場合、「かわいい子供服はデパートではなく市場にあり!」と思うのです。大人も胸キュン、爆発的にかわいいブランドもたくさんあるので子連れでレッツゴーです!

 

市場は品目別にお店がかたまっています。子供服がちらほら見えてきたら、そこから子供服商店街ははじまっています。市場は大きいので、迷ったら聞くのが一番ですよ!

市場は商品のシャンル別にお店がかたまっています。子供服がちらほら見えてきたら、そこから子供服商店街ははじまっています。市場は広いので、迷ったら聞くのが一番ですよ!

さて、南大門市場の子供服販売エリアは市場の中央あたり、F、G棟とその周辺にあります。もし道に迷ったら、「아동복상가는 어디에요?/アドンボクサンガ ヌン オディエヨ?(子供服商店街はどこですか)」と尋ねれば、市場では働く人ならすぐ教えてくれるはずです。ちなみに、子供服は、韓国語で아동복(アドンボク)というので覚えておくと迷ったときに使えますね!

 
子供服商店街は世界中からバイヤーが訪れる子供服の一大メッカ。ポップなイメージの看板のビルがあちこちに。

子供服商店街は世界中からバイヤーが訪れる子供服の一大メッカ。ポップなイメージの看板のビルがあちこちに。

子供服商店街エリアに入ると、ブルデン(burdeng)アドンボクやポーキー(Porky)アドンボク、ママ(mama)アドンボク、クレヨン(CRAYON)アドンボク、ウォンアドンボクといった子供服専門ビルが見えてきます。どこも1フロアに70~200近い店舗が入店しており、普段着からドレス、バッグやアクセサリーまで、子供のオシャレアイテムならなんでも見つかります。 韓国はもちろん、日本や中国などから買い付けに来るバイヤーも多く、まとめ買いをすると割り引きしてくれる店もアリ。個人購入でも、現金支払いに限り、安くしてくれることも多いので、南大門市場で子供服をたくさん買う予定がある方は、現金の準備をお忘れなく!


 

ガイドおすすめのブランドを教えます!


南大門発のブランドは、どれもあなどれない可愛さ。バッグなどの小物もチェックしてください!

南大門発のブランドは、どれもあなどれない可愛さ。バッグなどの小物もチェックしてください!

また、子供服を扱うビル以外でも、単独でショップ販売しているブランドもあります。子供服商店街の通り両脇に点在しており、ショーウインドウ越しに可愛い洋服がディスプレイされています。特に私は明るい色使いと女の子らしいデザインが多い、エステル、アローコットン、ピーチアンドクリーム、パステル、アニカ、エンバーといったお店(ブランド)のものを中心に娘たちにも着せています。お値段も例えばワンピースなら、2~4万ウォン代とお手ごろ価格。アクセサリー類も2000ウォン程度からあるので、髪飾りやネックレスなどはお土産にもオススメです。

 

どのブランドも、子供服商店街周辺に本店があり、これらの店の多くが、インターネットによるオンライン販売を行っています。どこも店舗は小さめですが、オフラインショップでは、実際に手にとって確かめられる安心さがあるのでいいですね。

ママツーリストたちは、南大門市場のショッピング時間ほど、長めにスケジュール設定して出かけて欲しいな、と思います。探せば探すほど掘り出し物が見つかりますよ!

<DATA>
■南大門市場/남대문시장
アクセス:地下鉄4号線「会賢/フェヒョン/회현
Hoehyeon」駅6番出口を出て直進。南大門市場に入り100メートルほど直進する辺りから子供服商店街があり。
※子供服商店街は土曜夕方~日曜夕方にかけてお休みする店舗が多くあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。