同居の場合、覚悟と巧妙なテクニックが必要

一緒にいる時間が長いほど、愛情も憎悪も増すもの!?

一緒にいる時間が長いほど、愛情も憎悪も増すもの!?

嫁姑トラブル回避5か条(別居編)」で、同居していない場合の嫁姑の関係を良好に保つ方法をご紹介しましたが、「うちは同居だから、“適度な距離”なんて無理」という方も多いことでしょう。確かに同居をしている場合は、日々の生活が一緒なのですから、当然摩擦も増加。そこをうまく切り抜けるには、別居よりももう一歩踏み込んだ覚悟、より巧妙なテクニックが必要になってきます。

今回は、「同居をしている場合でも嫁姑関係に悩まされない究極の奥義5カ条」をご紹介。既にお姑さんと同居されている方も、今後その可能性がある方も必見です。

回避策1:良い嫁を演じない、頑張りすぎない

誰しも「嫌な嫁だな」と思われるより「良い嫁だ」と思われたいもの。お料理上手で、家の中は隅々まで埃ひとつがなく、洗濯物にもしわ一つない。いつも笑顔で性格はつつましく、早起きで働き者……。そんなお嫁さんだったら私も欲しいぐらいです。でも、そんな完璧な人はいませんよね。もしかすると、義父母と別居で年に1回くらいしか会わないのなら、そんな「素敵なお嫁さん」を演じ通すのも不可能ではないかもしれません。

しかし、一緒に生活しているとなればそうはいきません。時間がない時はお惣菜を買ってきて夕食を済ませたり、出前を取ることだってあるかも。洗濯物がたまることもあれば、1週間、掃除機をかけないことだってあるでしょう。そんな自分を、まずは自分が認めてあげましょう。いつまでも「良い嫁でいよう」とすると自分が苦しくなるばかり。何でも完璧にしようと頑張らず、「周囲に教えてもらったり、手助けを借りてもいいのだ」と考えると、気持ちが楽になりませんか?

もちろん「だって、できないんだからしょうがないでしょ!」と開き直るのはNGですが、家族のメンバーに「できることをできる人がしましょうよ」という姿勢を求めるのは間違ってはいません。周囲への感謝を忘れなければ、完璧なでなくても十分OKなのです。

回避策2:認める・立てる・褒める

お姑さんは妻として、母として、女性として先輩です。まずは、まともに張り合うことはやめましょう。まともに競って、こちらが負ければ悔しいですし、こちらが勝っても相手に不快な思いを残すだけで、良いことはなにもありません。張り合わず、先輩として相手の存在を認めてあげましょう。

もちろん、お姑さんも完ぺきではないでしょうから、そのすべてを肯定する必要はありません。しかし、たとえ自分と違う価値観を持っていたとしても、それを否定せず、まずは認めてあげましょう。上手に相手を立てて、褒めて、お姑さんの得意なことはやってもらったり、教えてもらったりしてみてはいかがでしょうか。誰しも褒められたり、頼りにされたりすれば嬉しいもの。お姑さんのプライドを上手にくすぐって、たまには「かわいい嫁」になって、ポイントを稼ぐのも上手な世渡り術です。