2人が納得できればよし

 

 

結婚が決まった当初、彼氏は転職先でやっと正社員になれたところだったので、婚約指輪はもちろんありませんでした。
それまでずっと遠距離の関係だったので早く一緒に住みたくて、結局式は挙げずに内輪だけでお祝いし、入籍しました。
それからわたしの薬指に結婚指輪がはまったのは、夫婦になってから3か月が過ぎた頃でした。

指輪を購入したのは、“K.uno”というお店。
おそらくこういう機会でもなければ一生アクセサリーとは縁のない旦那が探してくれました。
ネットでいくつか検索したのですが、住んでいるところからそんな遠くないところに店舗があったのも決め手のひとつでした。

指輪はカジュアルなものすら持っていなかったので、いざお店に行くとちょっと緊張してしまいましたが、わたしたちが訪ねたのはこじんまりとした所で、いかにも結婚指輪を扱っている!というような仰々しい雰囲気もなくよかったです。

「指輪は給料の3か月分」などとよく言いますが、値段は特に重視しませんでした。
実際、購入した指輪(女性用)は10万ちょっとのものですが、表面がボコボコと変わった模様になっているのが気に入りました。
指輪の内側には、入籍日を刻印してくれました。
(入籍日に限らず、好きな言葉や数字を入れてくれるサービスでした)

こだわりはあってないようなものでしたが、わたしたちの場合、結婚指輪だからと言ってあまり気負わずに選べたのがよかったと思っています。
“K.uno”さんは、指輪に限らず素敵なデザインのアクセサリーを割とリーズナブルな価格で提供されているのも魅力です。
毎年、可愛らしい卓上カレンダーも届きます。

「結婚指輪はベタに高いものを!」とお考えの方には物足りないかもしれませんが、2人で納得できさえすれば問題ないと思いますので、わたしたちは満足しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。