上から目線はダメ! 誠実な態度がポイント

 

 

恋愛は対等な関係であるはずなのに、「相手を傷つけないで」なんて上から目線で見ているあなたを見定める目を持ち合わせなかった相手が未熟でした。そんな相手なら大層傷付くかもしれません。

「相手を傷つけない」ことを少々意訳すれば「相手の気持ちを尊重した上で」断る方法ということになりますね。
  • 相手の告白をはぐらかさずに聞くこと。ただし、相手の目を直視し過ぎないようにして下さい。
    相手はここで勘違いしてしまいます。
  • 元々その気はなく、即断できたにせよ、その場で即答せずに持ち帰って考える時間をもらって下さい。
  • そして、一日置いて、手紙で断るのがいいのではないでしょうか。メールでのお断りは手軽ですがよろしくありません。手間をかけることが重要で、送り先が分からなければ直接渡しましょう。
 
どのような理由で断るかはケースバイケースですが、誠実な態度がポイントです。
決して「あなたを傷つけたくない」などと言い添えてはいけません。上から目線は傷付きます。


あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。