女性が男性にモテたい!という場合は「眼力」が大切

眼力といっても、
隙がないくらいアイメイクをするというわけではないです。

一番は、
相手を見るタイミング、目線。

そして、今回提案するのは、
男女混合、複数人数で会話するときの場合です。

よく喋る、盛り上げ役の男性への目線
そういう人は、いろんな人を見て喋っているので、みんなの顔をみて喋っていると思う。自分を見てくれたとき、「目を合わせて、口角を上げる」「目を合わせて、頷く」と聞いているよという意思表示をすること。

■あまり喋らないけど、よこで笑っている人への目線
ちらっと相手を見て、気づいてこちらを向こうとしたら目をそらすこと。それをさりげなく繰り返す。
目が合ったら、笑顔を返してあげること。

ほとんど喋らないし、顔も無表情でクールな人への目線
「この人は、どうして会話に入らないのだろう」などと疑問をいだきつつ、じーっと5秒くらい見つめる。クールな人は、周りの人を見ているので、こちらの目線に気づいていることが多い。だから、後々話しかけたときに、相手が”自分に興味をもっているのだ”と思い、話がはずむことが多い。

やってみてくださいね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。