番号がぞろ目、1桁、キリの良い数字に注目!

プレミアム紙幣

番号がぞろ目・キリの良い紙幣に注目!

普段何気なく使用している紙幣の中にも、実はお宝があったりします。紙幣には、左上と右下に発行番号の記載がありますが、この番号がぞろ目になっている場合(例:111111)や1桁の場合(例:000001)、キリの良い場合(例:100000)にはプレミアムがつくことがあります。

 
掲載の画像は、筆者が都内某所のコインショップで入手した旧1,000円紙幣(肖像は伊藤博文)です。この紙幣、番号が「200000」となっており、まさにキリの良い数字となっています。

一体どのぐらいの価値があるのでしょうか?

ぞろ目で一番人気は「777777」

筆者が入手した旧1,000円紙幣は、旧1,000円紙幣の中では新しい部類(後期)に入るため、未使用ながらも8,000円で入手できました。とはいえ、スーパーなどで利用すれば単なる1,000円です。

インターネットで検索してみると、キリの良い数字でもさらに価値が高く販売されているものもあります。例えば、肖像が夏目漱石であった以前の1,000円紙幣において、キリの良い数字(例:700000や900000)では15,000円28,000円などで販売されているケースもあります。利用額の数十倍もの価値が付く場合があるのです。

さらにいえば、ぞろ目はこれ以上の価値がつきます。例えば、日本人に好まれる数字として「7」があります。ぞろ目で777777があった場合、紙幣のつくられた年代やアルファベット文字にもよりますが、現在の野口英世の1,000円紙幣でも3~5万円ものプレミアムがついているケースもあります。

ぞろ目やキリの良い数字を収集していき、例えば111111から999999までコンプリート出来れば、さらにプレミアム価値は高まるといえます。

その他、123456や000001なども高額に!

その他、123456などの数字を集めるコレクターもいます。また、000001だけを集めるといった方もいます。例えば、夏目漱石の1,000円紙幣で000001番の紙幣は27,000円などで販売されています。

もちろんそう簡単には見つかるものではありませんが、お札を引き出したり両替をした時など、左上と右下の番号をちょっと気にしてみてください!実はとんでもないお宝だった……なんて事も有り得ますよ。

※関連記事:その小銭、お宝かも!? レアモノ硬貨の見分け方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。