小規模物件を中心に
新大橋通り沿いで供給活発

船堀街道と新大橋通り

駅の脇を南北に走る船堀街道と直行する新大橋通り。最近のマンション増加地域。標識からは車でも便利な地域であることが分かる(クリックで拡大)

駅周辺はかなり早い時期から開発が進んでおり、このところ、宅地化が進んでいるのは駅からはちょっと離れた場所。マンションでいえば、新大橋通り沿いで、かつ通りを渡った松江5丁目辺りがこのところ、集中して建設が進むエリアで、数十戸以内の小規模な物件が大半です。といっても、この辺りなら駅からは10分以内。さほど遠い場所ではありません。

 

マンション建設現場

新川近くのマンション建設現場。このエリアでは立地によっては準工業地域、近隣商業地域の立地もあるので、後日日照、眺望などに支障が出る可能性がないかどうかは要確認(クリックで拡大)

価格の目安は新築マンションで70平米前後で4000万円~。単身者向きは少なく、コンパクトなものでも50平米以上からが供給のメインです。中古では徒歩10分以内、築20年以内で70平米で3000万円前後。中古になると、40平米台と単身者向きの広さや逆に80平米、90平米という広めも出てきます。

 

新築一戸建て

新しく開発されたばかりの一戸建てエリア。数戸くらいがまとまった現場が目に付いた(クリックで拡大)

新築建売一戸建ては3000万円台後半から4000万円がメイン。やはり、都内ですから50~70平米ほどの土地に建つ3階建てが多くなります。駅からは20分以上離れることもありますが、平坦な土地ですから、さほどの負担はなくて済むものと思われます。

 

賃貸はワンルームマンションが6万円前後、2DKが9万円前後、3DKで11万円前後で、アパートはワンルームで5万円前後。特に駅周辺は規模の大きめな、築年数の経った集合住宅が多く、意外にアパートなどは少ないようです。

 

公園で遊ぶ子ども達

子育て支援策の充実で知られる江戸川区。実は高齢者に対しても手厚い施策があり、一部では人気(クリックで拡大)

全国的にはあまり知られていない街ですが、足回りの利便性は高く、駅周辺以外は高い建物も少なく、のんびりした雰囲気も魅力。また、江戸川区は子育てに熱心な自治体でもあり、子育て世帯であればその点にも惹かれるものがあろうかと思います。駅前だけでなく、水辺なども歩いてどんな街かをチェックしてみてください。

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。