下北沢北口徒歩1分 しもきた茶苑大山

若者も多く行き交う下北沢駅から徒歩1分というアクセスのよい立地に構える日本茶専門店しもきた茶苑大山。全国に9名しかいない茶師十段(平成25年1月現在)のうち2名がこの店舗にいらっしゃいます。
おおやま茶苑

下北沢北口徒歩1分

お店全体としての印象は、日本茶専門店らしい佇まい。店内に入ると壁一面に茶葉が並びます。抹茶も取扱いがあります。同ビルの2階には喫茶室もあり、夏メニューのかき氷は大人気で行列ができる店舗としても有名です。たびたび、若い男女がかき氷を求めて訪れ、その人気ぶりには驚かされますが、今回は「日本茶」に焦点をあててご紹介してまいります。
おおやま茶苑

店内壁面に並ぶお茶

しもきた茶苑大山といえばこれ「沢の輝」

沢の輝

沢の輝(さわのかがやき)100g1050円

自慢のオリジナルブレンドで人気1位の茶葉です。静岡茶と鹿児島茶をブレンドした普通蒸し煎茶。この茶の人気の秘密は、甘渋苦(かんじゅうく)のバランスのよさ。単調ではない複雑な奥行のある味わいに仕上げたからこそ、いれ方で甘味を引き立てたり、渋みを感じやすくしたりと様々に調整しやすい。お客様のお好みや気分、体調に寄り添う楽しみ方をしていただくことができるため、飽きがくることなく愛飲できます。
  • 沢の輝(さわのかがやき)100g 1050円

世田谷みやげ認定品「極上 沢の響」や茶師十段之茶も。

世田谷みやげ認定品

極上 沢の響(さわのひびき)100g735円

そのほかの人気茶として、静岡茶と鹿児島茶をブレンドした自家焙煎ほうじ茶「極上 沢の響」は世田谷みやげ認定品。ほうじ茶はお子様も好きな味。手土産にも喜ばれそうです。
  • 極上 沢の響(さわのひびき)100g 735円



茶師十段之茶

茶師十段之茶2種

茶師十段之茶として「拓朗」と「泰成」も人気です。「拓朗」は、静岡の川根茶を柱に香りを重視、鹿児島茶を加えることで旨みを付加しコクとまろやかさを生み出しています。「泰成」は、京都宇治茶に鹿児島茶をブレンド、甘みをテーマとしたお茶としています。ともに普通蒸し煎茶です。産地をまたいでのブレンドを敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、単一産地、単一品種で完成度の高いお茶を求めると「お値段が張る」のは必然となります。文字通り「日常茶飯」として気軽にお飲みいただけるように「リーズナブルな価格で、コストパフォーマンスの高いお茶」を楽しんでいただきたい。その一心でオリジナル茶を合組(ブレンド)する。これも日本茶専門店としてのプロの技なのです。
  • 茶師十段之茶「拓朗」100g 1575円 
  • 茶師十段之茶「泰成」100g 1575円
※こちらでご紹介している銘柄と価格は、2013年8月時点のもの。

会話から生まれる、日本茶の楽しみ方の発見

日本茶試飲

看板茶、沢の輝を試飲させてもらいました

しもきた茶苑大山では、煎茶とほうじ茶、おすすめのお茶を試飲できます。また、秋冬限定メニューになりますが、2階の喫茶室では、有料試飲的に1階のお店で扱うお茶を飲むことができるそうです。なんだかワインショップみたいですね。状況によってはいれ方のレクチャーを受けることもできます。これなら自宅でも失敗しないで美味しくいれられそうです。

茶師十段の大山拓朗氏

茶師十段の大山拓朗氏

「茶店のよいところは、会話から生まれる日本茶の楽しみ方。このあいだ買っていった茶葉が自分好みの味にいれられなかった。手順はどうされました? この様にされてはいかがでしょう。お一人お一人が自分好みで、より美味しい味わいの着地点を発見する。そのためにはお客様と茶店とのコミュニケーションが不可欠。その原点を大切にしていきたい。」と茶師十段の大山拓朗氏から伺いました。

おいしい茶葉に巡り逢いたい方、気おくれは不要です。どんどん質問してみましょう。あなたも日本茶専門店デビューしてみませんか?


【店舗情報】
しもきた茶苑大山
http://shimokita-chaen.com/
東京都世田谷区北沢2-30-2
営業時間10:00~20:00 
定休日:1階販売店はなし(1月1日のみ)
2階喫茶室は不定休につきHPをご覧ください
http://shimokita-chaen.com/kissa/index.html

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。