A型肝炎の流行地域

A型肝炎の流行地域は、ほぼ世界中です。地図のオレンジ色に着色されている国が、中等度以上の感染リスクのある国です。とくに、南アジア(インド、パキスタン、アフガニスタン、ネパール、バングラデシュ、ブータン)とサハラ以南のアフリカが高リスク地帯です。

HepAmap

A型肝炎の流行地域(WHO, International Travel and Health, Disease Distribution Map より (URL: http://www.who.int/ith/en/index.html))


渡航者のA型肝炎の感染リスク

免疫のない人が中等度以上の感染リスクのある国に渡航した場合、渡航者1000人あたり、1ヶ月に1~5人が感染するとされています。つまり、1年滞在すれば、その12倍の12~60人/1000人(83~17人に1人)となり、重大なリスクと考えられます。

A型肝炎の原因・潜伏期間・症状

A型肝炎ウイルス(HAV)が原因で、肝臓に炎症が起きる病気です。炎症にともなう肝細胞傷害は、ウイルスそのものによるものよりは、HAVに感染した肝細胞を細胞傷害性Tリンパ球が攻撃することが主な原因です。

ウイルスが体内に入ってから症状が出るまでの潜伏期間は15日から50日とされ、平均して28日です。

症状は、全くの無症状から、無症状だが肝酵素値(AST や ALT)の異常を呈するもの、そして倦怠感、食欲不振、発熱、筋肉痛、腹痛、嘔吐、下痢などの症状を呈する場合まで、様々です。黄疸が始まると小水の色が濃くなり、色の薄い大便がでます。

症状の強さは年齢により異なり、5歳未満での感染では50~90%が無症状ですが、成人では感染した場合、70~95%の方に症状が出現します。

患者の2/3は2ヶ月以内に、85%は3ヶ月以内に、そして6ヶ月以内にはほぼ全員が治癒します。B型肝炎やC型肝炎のような慢性化はせず、一度感染すると免疫を獲得し、再度感染することはありません。致死率は報告により異なりますが、全体では0.3%ほどで、5~14歳では0.04%、50歳以上では2.7%と報告されています。

もともと肝臓の病気をもっていると、劇症化することがあり、その場合の致死率は60%と報告されています。

合併症として、クリオグロブリン血症、ギラン・バレー症候群、腎不全やネフローゼ症候群、膵炎、再生不良性貧血や血小板減少症などの報告があります。

A型肝炎の感染経路

感染経路は糞口感染が主で、血液感染も起きます。糞口感染は、患者の便に排泄されたウイルスが、水や食べ物を汚染し、それを飲んだり、食べた人の体内に入り、最終的に肝細胞に感染します。

性交渉時に肛門を舐める愛撫方法によっても感染します。胃酸は、経口感染の病原体を不活性化するバリアとして機能しますが、A型肝炎ウイルスは不活性化されません。

血液感染は、主に注射による薬物常用者で報告されています。

A型肝炎の診断法・治療法

血液検査でHAV特異的なIgMを検出することで診断します。治療は、特別な治療法はなく、症状の強いときには休養すべきですが、通常の活動をして構いません。発症後2ヶ月程度は糞便へのウイルス排泄がつづくため、家庭や職場で感染を広めないよう、手洗いの励行などが必要です。

渡航者が知っておくべきA型肝炎の感染予防法

■ゼロ歳児
ワクチンはなく、免疫グロブリンによる予防をおこないます。
滞在期間 免疫グロブリン投与量
3ヶ月未満  0.02mg/kg
3~5ヶ月   0.06mg/kg
5ヶ月以上  0.06mg/kgで、5ヶ月おきに繰り返し注射

■1歳児以上
ワクチンが有効です。

・エイムゲン(化血研)
出発前に2週間隔で2回の接種をおこないます。24週後に3回目の接種をおこなうことで、5年間の有効性が確認されています。

・Havrix(GlaxoSmithKline Biologicals)
国内未承認ワクチンですが、アジュバントを含むため、抗体価の上昇が速やかであり、渡航前に1回の接種で済みます。長期の免疫を獲得するためには、6~12ヶ月後に2回目の接種をおこないます。

・VAQTA(Merck & Co, Inc)
国内未承認ワクチンですが、アジュバントを含むため、抗体価の上昇が速やかであり、渡航前に1回の接種で済みます。長期の免疫を獲得するためには、6~18ヶ月後に2回目の接種をおこないます。

・Hepatyrix(GlaxoSmithKline Biologicals)
国内未承認のA型肝炎と腸チフス(Salmonella Typhi Vi capsular polysaccharide antigen)ワクチンの混合ワクチンで、A型肝炎ワクチンに関しては Havrixと同様の効果があり、長期の免疫を獲得するためには、6~12ヶ月後にHavrixの追加接種をおこないます。

Havrix、 VAQTA では、追加接種を完遂した場合、成人では15年、小児と青少年者では10年間は免疫が持続することが示されています。数学的モデルでは、25年以上の免疫持続が推定されています。

Havrix と VAQTA および、今回紹介していない AVAXIM や EPAXAL などのA型肝炎ワクチンは互換性があり、1回目と2回目で別のワクチン(1回目 Havrix で 2回目 VAQTA など)を用いても、同等の効果が期待できます。これらのワクチンと、エイムゲンとの互換性は証明されていません。

■40歳以上の方、および慢性肝疾患や免疫不全を有する場合
慢性肝疾患の方には、A型肝炎ワクチンと免疫グロブリンを併用します。

滞在期間 免疫グロブリン投与量
3ヶ月未満 0.02mg/kg
3-5ヶ月 0.06mg/kg
5ヶ月以上 0.06mg/kgで、5ヶ月おきに繰り返し注射

■帰国後の予防法
A型肝炎は潜伏期間が長いため、効果が期待できます。帰国後できるだけ早く、渡航前の接種と同じように接種を開始しましょう。

■ワクチン接種後の有害事象
ワクチン接種後は、接種部位の疼痛や腫れ、蕁麻疹などが起こることがありますが、数日で自然軽快します。

■免疫グロブリン投与後の注意事項

生ワクチン(麻疹、風疹、おたふく風邪、水痘ワクチン)の効果に影響しますので、免疫グロブリン接種後は少なくとも3ヶ月(水痘は5ヶ月)以上あけるようにしましょう。また、これらの生ワクチン接種後2週間は、免疫グロブリンの投与は避けてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項