暮らしの中で、節水や節電を意識することは、あたり前の時代。環境への配慮はもとより、節約という意味でも、水や電気を無駄にしないようにすることは大切です。

LIXILは、東京都および大阪府に住む、普段から節水を心がけている主婦824名を対象に、節水に関する意識調査を実施。調査結果からは、主婦の節水意識の高さが読み取れます。

■調査の概要
調査方法:インターネット調査
対象エリア:東京都、大阪府
調査対象:普段から節水を行っている20代から50代の主婦(既婚女性)
サンプル数:824名(各地方、各年代それぞれ103サンプル)
調査実施期間:2013年7月17日~2013 年7月18日
調査実施機関:マクロミル

節水理由は「水道料金を抑えるため」。異常気象により意識は高まる

LIXIL

少ない水でキレイに洗い流すための新機能を搭載。強い水流と、それをコントロールする便器の特殊な形状により、4Lの洗浄水すべてを便鉢のすみずみまで行き渡らせ、しっかり汚れを洗い流す。[SATIS(Gタイプ)]

普段から節水を心がけている主婦の方に、その理由を尋ねたところ、「水道料金を抑えるため(94.3%)」が最も多く、「環境問題を考えて(45.3%)」を大きく上回っています。次いで「渇水で水不足になることがあるから(20.3%)」「子供の教育のため(12.7%)」という答えに。現実的には、エコロジーよりも目の前の家計を意識せざるを得ない、というのが正直なところなのでしょう。

しかし、多くの方が「今年は昨年以上に節水が必要(84.6%)」と感じています。その理由は、「少雨で水不足になることが予想されるから(52.0%)」「猛暑だから(12.8%)」「昨年より節約したいから(10.3%)」など。少雨や猛暑などの異常気象によって、環境問題への意識も高まっているようです。

節水を意識するのは、お風呂とキッチン

日常の中で節水を心がけているのはどのよう場面なのでしょうか。最も多いのは「風呂に入るとき(86.0%)」、次いで「台所を使うとき(82.6%)」。「洗面所を使うとき(69.4%)」や「洗濯をするとき(68.8%)」、「トイレを使うとき(38.1%)」という結果に。

どのような方法で節水を心がけているかというと、お風呂では、「髪や体を洗うとき、シャワーの水を出しっぱなしにしない(87.4%)」、台所では「野菜などを洗うときに、水を出しすぎないようにする(65.8%)」、洗濯の際には「お風呂の残り湯を洗濯に利用する(56.4%)」、トイレでは「大と小のレバーを使い分ける(51.3%)」がそれぞれで最も多い回答になっています。必要以上の水を使わず、適正な水量で、できれば再利用して、節水を実行しているということでしょう。

使用量が多いと感じているのはお風呂。しかし実際はトイレ

LIXIL

シャワー内部の羽根車がシャワー穴の半分を塞ぎながら高速回転することで、節湯と浴び心地のよい大粒化を実現。使い勝手は変わらずに従来のシャワーと比較すると約35%の節水・省エネ効果に。[エコフルシャワー]

普段の生活の中で最も水を使用していると思うシーンを尋ねたところ、65.9%の方が「風呂に入るとき」と回答。以下「洗濯をするとき(15.9%)」「台所を使うとき(8.4%)」「トイレを使うとき(7.5%)」と答えています。しかし、実際には、一般家庭の水の使用量が最も多いのは「トイレ」で、使用量全体の約28%を占めているとか。事実と感じている場面の違いに大きな差があるということがわかります。

トイレでの節水方法としては、「大と小のレバーをきちんと使い分ける」「トイレ時の音を消すための水を流さない」「2度流しをしない」などを行っているようですが、お風呂や台所に比べると、水量を意識し難く、節水したくても方法が少ない、ということもあるかもしれません。トイレ機器の機能に左右される部分が多いので、新築やリフォームを検討しているのであれば、節水性に関しては、しっかりと確認しておくことが大切でしょう。


次ページでは、「節水疲れ」や取り入れたい節水機器などをみていきましょう。