出会いと別れが切ない、川端康成の名作

■作品名 
伊豆の踊子(1974)
■監督
西河克己
■主演 
山口百恵、三浦友和
■DVD販売元
EMIミュージック・ジャパン


■ おすすめの理由

「伊豆の踊子」は日本を代表する文豪、川端康成の代表作。

日本人に親しまれている作品で、過去6回も文芸映画として作品が上映され、色々な女優がヒロインを演じています。

70年代にヒロインを演じたのは、スーパーアイドル山口百恵さんです。

孤独に悩み、人生から逃れるために伊豆を一人旅している青年(三浦友和)が、旅芸人の一座にいた踊子の少女に恋をする情感溢れる作品です。

■物語は……

20歳の青年(三浦友和)は、ある日自分の持つ孤児根性の息苦しさに耐えられず、ひとりで伊豆に旅行にでる。

途中で旅芸人の一座と出会い、初々しく純情な踊子に心を惹かれ彼らと行動を一緒にする。

彼らと接するうちに心の孤独を癒される青年。しかし東京へ帰らなければならない日が近づき……

お互いに想いを打ち明け、結ばれることなく、再会を約束することなく別れてしまうあまりにも若い二人。

岬の突端で大きく手をふる踊子と、涙を流しながら手を振り返す青年。

今なら「メアド交換すればいいじゃん」という人もいるでしょうけれど、携帯もパソコンもない時代。

一度さよならしたら、もう二度と会うことはできないかもしれないからこそ、出会いと別れが切なく情緒があるのでしょう。

三浦友和さんの端正な二枚目ぶりは書生役にぴったりで、山口百恵さんも初々しく、たどたどしさすら感じる演技が、とても新鮮でかわいらしくて魅力的です。

情報社会にならない前の、日本の良さを感じさせてくれる作品です。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。