半沢花(上戸彩)の癒しテクその3:「ツンデレ内助の功」

前項で触れたように、一見「ツンツン」している花ですが、実はかわいいところもあります。

バイトのお金で半沢の鞄を買ってあげた花の言うセリフ「女も色んな思いを持って働いてるんだ。銀行も女性のそうゆう気持ち大切にしてよね!」には、バンカーの夫への愛情のこもったアドバイスを含んでいます。夫を尻に敷いているように見える花の実はけなげな一面に、思わず半沢もハグしてしまうシーンでした。勝気な妻の可愛い内助の功。このあたりのツンデレのバランスが実に絶妙なテクニックです。

上戸さん自身も公式サイトのインタビューの中で「外で頑張っているだんなさんが帰ってきたときに、花は言いたくて言うのではなくて、これを言うことでだんなさんの心を浄化してあげられるんだろうな、という計算をして、いろんなことを言っているんだと思っています」「花も、相手に向かってわーっと言いますが、感情的に言っているのではなく、もう一歩先を読んでいる人だと思う」
と語っているように、花の言葉や夫とのやり取りの中には、さまざまなテクニックが隠されています。

半沢直樹・花夫妻から、ぜひ旦那様との会話術を学んでくださいね。そして、忘れてはいけないのが「表情」です。モンスター口調の悪口を言いながらも、妻の目は慈愛に満ちていて、やさしく夫を包み込むように見つめています。「何があっても、あなたの味方」という表情です。私も著書で「妻は時には女優のように演じなければならない」と書いていますが、言葉・表情・仕草を上手に組み合わせると絶妙な夫婦のコミュニケーションが取れますね。半沢花さん、あっぱれです。

今後、半沢直樹が職場でグングン上にあがっていくために、最高の『妻力』を発揮することと予測されます。

【参考】
夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。