ビクトリア女王ほか著名人に愛された
スイスの誇る「山の女王」リギ山

リギ山

「山の女王」、リギ山よりルツェルン湖を望む

ルツェルン湖畔の静かなリゾート地、ヴェッギスやフィッツナウの背後に控える山がリギ山です。ルツェルンから湖の対岸に望み、半日あれば往復も可能。その優美な姿に、「山の女王」という愛称が付けられています。

リギ山の一帯は高山植物の宝庫。初夏から盛夏にかけて色とりどりの花が咲き誇り、おおぜいのハイカーで賑わいます。ホテルはリギ山全体で16軒。ルツェルン湖を見渡す山腹のリギ・カルトバート駅付近をはじめ、リギ山頂にも山岳ホテルがあります。

リギ山への登山電車

ヨーロッパで最初に開通した登山電車

スイスの観光業が始まったのは19世紀ですが、リギ山は当時からスイス観光のハイライトでした。交通がまだ十分に発展していない中、チューリッヒからも近く、比較的簡単に行くことができる観光地だったのです。

リギ山頂のホテルで泊まり、ご来光を待つのが当時の流行りで、ヨーロッパ各国の王族、貴族、文人、画家など著名人がこぞって訪れたのです。その中には、マーク・トウェイン、ゲーテ、ヴィクトリア女王の名前もあります。明治新政府から派遣された岩倉使節団も、1873年にここに来てきます。

山頂の標高は約1800m。ユングフラウヨッホやゴルナーグラート(ツェルマット)など、標高3000mを越える展望台と比べると低いため、高山病がどうしても心配という人にもおすすめです。


ルツェルンからリギ山へのアクセス

リギ山周辺地図

湖船と登山電車などを上手く組み合わせたい

ルツェルンからリギ山頂へ上がる路線は3系統あります。

■1.ヴェッギス経由
ルツェルンから湖船でヴェッギスへ。ヴェッギスからロープウェイで山腹のリギ・カルトバートへ。さらに登山電車に乗り換えてリギ山頂へ。

■2.フィッツナウ経由
ルツェルンから湖船でフィッツナウへ。フィッツナウから登山電車でリギ山頂へ。

■アルト・ゴルダウ経由
ルツェルンから列車でアルト・ゴルダウへ。アルト・ゴルダウ駅で登山電車に乗り換え、リギ山頂へ。アルト・ゴルダウへは、チューリッヒやルガーノ方面からの列車のアクセスもできます。

おすすめは1または2のルート。ルツェルン湖を見下ろすことができるので、眼下に素晴らしい景観が広がります。

※スイスパスまたはスイス・フレキシーパスを持っていれば、リギ山頂まで追加料金なしで行くことができます。

>>ヴェッギスやフィッツナウなど、ルツェルン周辺の小さな村の詳細


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。