玄関、リビング、ベッドルーム……といった家の壁に「この絵画作品!」と意気込んで買った絵画や版画。家に持って帰ってから「あれ?どうやって取り付けるのかな?」と思うかもしれません。今回はTEZUKAYAMA GALLERYの松尾良一さんに、絵画や版画作品の取付や管理のコツについて伺います。
※今回ご紹介する例は、あくまで一例です。


梱包のとき方

作品を触るときは薄手の手袋をつけて

作品を触るときは薄手の手袋をつけて

梱包された絵画や版画を、箱から取り出しましょう。額装された作品は布に、額に入っていないものは薄い紙等に、くるまれています。薄手の手袋などをつかって、なるべく優しく、作品を取り出しましょう。

「わぁっ!」
緊張と感動の一瞬ですね。

 

作品を飾ろう1

作品を置く場所は決めてあるからといって、いきなり壁に釘を打つのは危険です。
部屋の空間とのバランス、高さなどによって、作品の見えかたが違ってくるからです。

1. 位置を決めます

1. 位置を決めます

まず、両手で作品を持ったら、壁に当て、位置を決めます。

できれば自分ひとりではなく、誰かに後ろから見てもらいながら、高さや位置を決めていくといいですね。ちょっと高さや位置を変えるだけで、作品がより良く見えますし、部屋を心地良くしてくれます。

 

2. マスキングテープでマークを付けます

2. マスキングテープでマークを付けます

「だいたいこの辺り」と決まったら、作品を持った場所をマークします。作品の角を、マスキングテープでL字形に貼ります。

こうすることで、壁に傷も汚れもつかず、マークすることができますよ。