ヴィンテージ作品を現代ファッションに


ヴィンテージのコスチュームジュエリーも現代ファッションにぴったりです。
ファッションは昔の流行を取り入れながら進化したり、復活したりしているので当然といえば当然ですね。

特にミリアム・ハルケルのオリジナル作品は、時代を超えて今のファッションにも大きな影響を与えていくことでしょう。

また、ネックレスには、こちら(「ネックレスの長さと種類」)で紹介したように長さによって名前があります。

昔はTPOに合わせて使い方が決まっていましたが、
今の時代には色々なバリエーションにコーディネイトして楽しんでいいと思います。

これらの作品が作られた当時とは違った、最もシンプルな白いTシャツに合わせたコーディネイト術をお伝えします。


カジュアルなコーディネイトに


■大きなデザインモチーフ


大きいデザインもカジュアルに

大きいデザインもカジュアルに

イエローグリーンビックポイント3連リング
ネックレスサイズ:チョーカー
素材:ヨーロピアングラス、ラインストーン、ギルデッドメタル
年代:1950年代




大ぶりだけれど涼やかな素材や色であまり重さを感じさせない。ポイントを中心にもってきてフォーマルに、鎖骨あたりにセットしhてカジュアルにと使い分けられる。


上に羽織るものでバランスをあわせる

上に羽織るものでバランスをあわせる



Tシャツはデザインがシンプルなので大きめ、デコラティブなものはミスマッチで逆につけ映えがするものです。
ラウンドネックのTシャツの場合は首の根元に添う短めのチョーカーがよりしゃれ感がでます。